引越の挨拶とともに添える粗品の種類

引越先では、新たに交流することになる近所に人に粗品を贈る習慣があります。挨拶をするだけでも良いのですが、大抵の場合は粗品を一緒に添えます。ほんの気持ち程度とするため、あまりに豪華な物は贈らないほうが良いとされています。


豪華な物を受け取る場合には、相手にとってはお返しをしなければならないと思ってしまうためです。引越の挨拶用の粗品としては、伝統的には手ぬぐいがお馴染みです。


手ぬぐいに変わって使われることが多くなったのがタオルです。手ぬぐいやタオルを熨斗紙で包んで贈る習慣となります。配る数を把握するためには、自治会の班長などと相談する必要があります。


最近では粗品の種類は豊富になり、自由奔放に選ぶようになっています。引越には付き物となる蕎麦を粗品として贈る習慣は、江戸時代ごろから定着していますから、現在でも蕎麦を選ぶ場合があります。


季節の果物を贈る場合もありますが、傷みやすい食べ物は夏場は避けたほうが無難です。洗剤やタオルは生活で必ず使うもので、もらって困るものではありません。豪華すぎずに、生活必需品となるような品物を贈ることがおすすめです。


相手に喜んでもらえれば、引越後の近所関係も良好となります。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ