引越した場合母子手帳の手続きは必要ですか?

引越すると非常に多くの手続きが必要となりますが、出産予定のある人にとって一番大切なのが母子手帳の変更です。面倒かもしれませんがきちんと手続きしておかないと、様々な不都合が起こりえるからです。母子手帳そのものはデータなども記載されていますから、引越後も引き続き使うことになります。


しかし妊婦検診や乳児検診の補助券などについては、市町村ごとにシステムが異なるため交換等の手続きが必要なのです。それでは引越したらどこで母子手帳の手続きを行えば良いのでしょうか?場所は地域によって異なりますが、多くは引越先の保健所や保健センターとなっています。


もしくは市役所の福祉関係の課や、大規模な都市の場合は支所などでも手続き可能な場合があります。持っていく物としては、現在使用している母子手帳とこれまでに交付されている検診の補助券となります。念のため、住民票の写しと印鑑も持参しておくと良いでしょう。


引越先の地域によっては、必要な場合もあるからです。あれこれと手続きするのは面倒かもしれませんが、母子手帳はその重要性からも、省略する訳にはいきません。


手続きそのものは短時間で終了しますから、引越したらすぐに手続きを済ませることが大切です。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ