仏滅は引越の日として避ける風習がある

六曜という占いは、特に年配の世代にとっては生活に欠かせないものです。昔は引越をする時にも仏滅の日は避けることが多かったのですが、最近の若い人は気にしない場合も増えています。


仏滅とは言っても、実際には仏教とは関係がありませんが、何をするにしても運気が最悪になる日であるとされています。昔は多くの人が大安の日に引越をしていました。大安は仏滅とは正反対で、何をするにしても良いとされる日です。


結婚式などのハレの行事を行う日としても定着しています。大安の日は気分が晴れやかとなり、実際に運気が向上しているように思えます。


六曜を全く信じない人であっても、引越の挨拶回りをする場合には配慮したほうが無難です。年配世代の人は、お歳暮やお中元などの贈り物を渡す場合には、大安の日を選ぶことを特に重視します。そのため、仏滅の日に挨拶回りをする場合には、相手に悪い印象を与えることもあります。


大安は吉日として重要だと思っている人に対しては、格段の配慮をすることが大切です。日程に余裕がない場合には、仏滅の日に引越の最終作業を行うしかない場合もありますが、知恵を使えば何とかなります。


大安の日に引越そばを食べて、全ての作業に区切りをつければ問題ありません。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ