引越しで住所が変わる時の陸運局での手続き

自動車を所有している人が引越しをする場合は、引越し先の車庫証明などを必要とします。これは警察署などに対して行うものであり、引越しをする場合にはこれを行っておく必要があるわけです。


尚、自動車を所有している中で引越しをした時には陸運局に対しての届出も行っておくと良いと言います。但し、陸運局に届出をしなくても自動車に乗る事は出来ます。しかし、届出を行っておくことで自動車を廃車にする時や売却する時など面倒な手続きを行わずに済むと言うメリットに繋がります。


基本的には、住所の変更が行われてから15日以内に行うのが良いと言います。住所の変更は、市区町村の役所で転居届を行う事で変更が可能になるわけですが、転居届は住まいの住所が管轄になる市区町村の役所で行われ、引越し前と後の管轄が異なる場合は、転出届と転入届をそれぞれの管轄となっている市区町村の役所で行う事になります。


また、住所の変更が行われるのは新しい住所に引越しをしてから2週間に以内に行う転入届で行われますので、転入届の手続きを済ませてから2週間以内に陸運局での手続きを行えば良いと言う事になるのです。尚、旧住所のナンバーを管轄する陸運局と異なる場合は、ナンバープレートも変更になるのです。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ