引越しと雨の関係

引越し作業の大きなポイントと言えば荷造りで、さまざまなことに気を付けて行う必要があります。例えば、適当に詰めることで中の物が壊れやすくなります。


また、種類ごとに入れたり、ダンボールにペンで中味を書いたりしておかないと、引越し先で荷解きをして整理していく時に手間がかかります。その他、引越しは雨の日など、天候によってそれ相応の対応をする必要があります。雨で考えられるのは何と言っても物が濡れてしまうことで、ダンボールに入っていたとしても、染みてしまうことも考えられますし、カビが生える原因にもなります。


自分で荷造りをしなければならない場合には、こういった点にも配慮した包み方をしたり、面倒でもカビが生える前に荷解きをしてダンボールを処分する、といった適切な対応をとることが重要になってきます。ちなみに、雨と言っても雨量や建物の構造によっては車寄せがあったりして、大した影響もなく搬出、搬入できることも考えられます。


現在の住まい、そして新しい住まいの構造を把握して立ち回るのも一つの手です。また、雨の日は足元の水たまりにも注意したいところです。いつもは気を付けられても、忙しい引越し作業の中、普段と異なる動きをとることもありますから、ケガや事故に気を付けて行動することが大切です。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ