引越の挨拶で必要となる熨斗で包んだ粗品

荷物運びなどの作業が完了した後には、引越の挨拶回りを行う風習が古くから根付いています。大抵の場合は土地勘のない地域へ移るため、近所のことは全く分からないのが普通です。


そのため、最初は自治会と相談をして、班長の助けを得て隣近所の家の数などを把握します。近所への挨拶を行う際には、熨斗で包んだ粗品を贈ることが一般的です。簡素なものとしては、タオルを贈るだけの場合もよくあります。


大忙しとなる引越作業中に粗品選びもすることは大変ですが、今後の近所関係を築いていくためには大切なことです。タオルのような簡素なものでも気持ちは十分に伝わりますが、世間には見栄もあります。


あまりに簡素なものでは失礼にあたると考える場合もあります。贈る品物は自由に選べますが、あまりに高価なものを贈ると逆効果になります。同じ地区で突出して豪華な贈り物をすると、班長から注意を受ける可能性もあります。


引越の挨拶を行うべき日は、できれば仏滅は避けたいものです。伝統的な熨斗に包んで粗品を贈るため、六曜という風習も尊重したほうが人間関係が円滑になります。


若い世代はあまり気にしませんが、年配の人であれば引越の挨拶は大安に行うのが常識と考えるものです。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ